2018年05月19日

映画『モリのいる場所』が公開されます

本日、熊谷守一先生の映画が公開初日になりました。

eiga001.jpg




公式ウェブサイト(http://mori-movie.com)より


名優・山ア努と樹木希林
円熟の夫婦役に日本中が笑いと涙に包まれる

山ア努演じる画家モリ(熊谷守一)は94歳。猫、蟻、カマキリ、揚羽蝶、鬼百合・・・毎日、庭のちいさな生命たちを飽くことなく眺め、絵を描いてきました。 50歳を過ぎてようやく認められ、近頃はどうにか暮らせるようにはなったけれど・・・相変わらず周囲の期待通りには筆が進みません。樹木希林が演じる妻・秀子は76歳。 生活のことなどどこ吹く風の夫と世間の間に立ち、時に光と影を包み込み、毎夜アトリエに送り出します。
子どもを亡くす経験もし、決して平坦な52年の結婚生活ではありませんでした。二人は、じかに優しい言葉をかけあうことはしませんが、ふと漏らす言葉に互いへの深い敬意と 愛情がうかがえるのです。山ア努と樹木希林という日本映画の至宝たる名優が演じる老夫婦のたたずまいには、長い歳月を経てきたものの深い絆が感じられます。ただ二人がいる、 その姿だけで感動が心に広がるのです。

俊英・沖田修一監督が描く熊谷守一
モリ夫婦を取り巻く個性豊かなキャスト

監督・脚本は『南極料理人』『横道世之介』などの俊英・沖田修一。本作では、30年もの間ほとんど家の外にでることなく、庭に生きる虫、草木、猫などをひたすらみつめ、 描き続けた実在の画家・熊谷守一のエピソードをもとに、モリ夫婦を取り巻く人々の魅力的な生き方を温かな視線で描き出したオリジナルストーリー。作中には、心にじんわり 染みわたる名セリフがちりばめられ、観終わった後には、きっと家族や周囲の人たちを慈しむ気持ちが深くなることでしょう。また、加瀬亮(『硫黄島からの手紙』)、吉村界人 (『ビジランテ』)、光石研(『あぜ道のダンディ』)、青木崇高(NHK大河ドラマ「西郷どん!」)、三上博史(『スワロウテイル』)、吹越満、池谷のぶえ、きたろう、林与一といった、 これまでもこれからも日本映画を支えるあらゆる世代の実力派たちが結集して、熊谷家の1日を賑わせます


主演の山ア努さんは、インタビューなどで熊谷守一先生のことを「僕のアイドル」と呼んでいらっしゃり、昔からお好きだったそうです。
昔のエッセイなどでも熊谷先生の名前が出されていました。

岐阜と愛知では、下記映画館で本日(5/19)より上映されているそうです。
樹木希林さん、加瀬亮さんなど実力派の方ばかりなので、楽しみですね(*^^*)

岐阜 イオンシネマ各務原
愛知 ミッドランドスクエア シネマ(名古屋駅前)
愛知 イオンシネマ大高
愛知 イオンシネマ名古屋茶屋
愛知 イオンシネマ ワンダー
愛知 イオンシネマ岡崎
愛知 イオンシネマ豊田 KiTARA
愛知 イオンシネマ長久手



柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

山崎努主演、樹木希林出演の映画『モリのいる場所』

熊谷守一の嬉しいニュースが届きました。

日本の名女優・樹木希林が、ニューヨークのジャパン・ソサエティー主催の北米最大の日本映画祭「ジャパン・カッツ」で、国際的に活躍している日本人俳優に与えられる賞「Cut Above Award for Outstanding Performance in Film」を授与されることが、ジャパン・ソサエティーの発表で明らかになった。

同映画祭は7月19日〜29日まで開催され、昨年公開された話題作やこれから日本公開される注目作品などを含めた長編作品30本が上映される予定だ。既に、沖田修一監督、山崎努主演、樹木希林出演の映画『モリのいる場所』が同映画祭の目玉となるセンターピース作品として上映されることになっている。

シネマトゥディ より


樹木希林さんのフアンの方にも嬉しいニュースですね。

また、本日 キネマ旬報社さんから 19日公開の映画「モリのいる場所」の映画パンフレットも届きました。
とても楽しみですね (#^.^#)

市川たけよ
posted by 市川 at 11:38| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

熊谷守一 墨彩画が揃いました

熊谷守一先生 墨彩画 魅力ある作品が揃いました


熊谷ファンの方がお探しの墨彩画
「あり」「こおろぎ」「かもめ」「とんぼ」など 状態が良く 魅力ある構図作品を入手し展示いたしました。

熊谷先生の作品は 描かれてから50年経過しているので、シミが出ている作品も多くございます。
また、当時は掛軸で楽しまれた方が多いのですが、
腕のいいしみ抜き職人さんに汚れとシミをとっていただき
お客様のご希望が多い、額装仕上げに変更いたしました。
大切に保存されていたものが多く、彩色に大きな変化はなく
描かれた当時の 魅力ある作品ばかりです。
作品をお探しの方がございましたら、ご覧いただけますとありがたいです。

現在、愛媛県立美術館にて 熊谷守一展が開催されております。
多くの皆様に 熊谷守一先生の魅力を感じていただければと存じます。

市川たけよ


posted by 市川 at 11:16| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする