2018年12月01日

熊谷守一カレンダー

本日から12月ですね。
求龍堂さんから発行されている「熊谷守一カレンダー2018」は、今月の「柚」(油彩画/1966年)の図柄となりました。

DtSvvnvU0AAJIDH.jpg

柚は熊谷守一先生の御自宅にも植えてあったそうです。
熊谷先生の言行禄『蒼蠅』には、次のような言葉が記載されています。

小鳥の餌用に蒔いておく菜が、春には一面の菜の花になって、もんしろ蝶がよくきます。
土盛りの上にはこの他、実生を接木して実のなるようにした柚子、榧、山椒、うるし、ぜんまい、草蘇鉄、黄花の一種の牡丹、鉄線、ほととぎす、すみれ、伊勢撫子、いかり草、鬼百合、貰った鉢植えのものを土に下ろしたのだとか、今は見えなくても季節になると芽を出して花を咲かせる色々な草があって、ただ歩くならものの二分とかからないでもとに戻れる範囲ですが、この植え込みのぐるりの道を、草や虫や土や水がめの中のメダカやいろいろなものを見ながら回ると、毎日回ったって毎日様子は違いますから、そのたびに面白くて、随分時間がかかります。

熊谷守一『蒼蠅』


柚は油彩画だけでなく、墨彩画などでもたまにえがかれていますね(*^^*)


そして、来年の「熊谷守一カレンダー」も、全国書店や美術館、ネットショップなどで販売がはじまりました。
同カレンダーは柳ケ瀬画廊店頭でも販売中しております。
ご来廊のときによろしければお申しつけくださいませ。


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする