2019年01月13日

1月の展覧会

1月恒例の展覧会 『新春逸品展』がはじまりました。
3月のアートフェア東京への準備もあり、多くの逸品作品が揃う時期です。

展示作品の中でも、特に素敵な作品は
熊谷守一の 油彩画と墨彩画作品です。
これまで未公開の墨彩画、鳥・かたつむり・鵜・風景 など 色が美しい掛軸作品が5点も揃いました。

また、坂本繁二郎 油彩画「月」2点・岡田三郎助 油彩画 「裸婦」、
黒田清輝 油彩画 「風景」など 美術館でしか みられない、素敵な作品がございます。

お時間がございましたら、お出かけくださいませ。

市川たけよ
posted by 市川 at 14:13| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

熊谷守一カレンダー完売のお知らせ

新春逸品展開催中です。

「熊谷守一カレンダー2019」が、今年は早くも完売いたしました。
お買い求めいただきました皆さまには厚く御礼申し上げます。

Dmnrh85VAAAxibl.jpg

例年は1月から2月ごろにかけて、ゆっくり完売していく形でしたので驚きです。
求龍堂さんのオンラインショップも品切で、amazonも中古品のみの販売になっていました。

熊谷守一人気を感じて嬉しいですね(*^^*)


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:27| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

熊谷先生の伸餅

「新春逸品展」開催中です。

さて、お正月といえば、私は熊谷守一《伸餅》を思い浮かべます。
愛知県美術館さんがご所蔵のため、絵葉書にもなっている作品です。




描かれているのは、熊谷家にあったという柄のない菜切包丁と、
戦後の配給のモチ米を米屋についてもらったという3つのお餅です。

ふかふかのお餅の感触が伝わってくるようです(*^^*)

また、この作品は昭和天皇もご覧になっていまして、1949年5月にひらかれた第3回美術団体連合展の初日にお出かけになられた昭和天皇が、「子供の絵か」とお尋ねになり、案内役の宮本三郎が「七十幾つの年寄りの絵です」と返答したと伝わっています。
昨年、山ア努さんの主演で公開された映画「モリのいる場所」の冒頭でも紹介されていたと思います。

子供の絵かと尋ねられたというお話は守一本人の耳にも入ったそうで、嬉しかったことを守一もエッセイに書いています。

***

《伸餅》は今回は展示されませんが、「新春逸品展」ては熊谷守一の油彩画・墨彩画・書を展示しています。
熊谷作品の世界を楽しみにぜひお出かけくださいませ。
皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げております。


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

新春逸品展がはじまりました

毎年新年恒例の「新春逸品展」がはじまりました。

今年は熊谷守一の墨彩画・書と、近代洋画家の油彩画の名品を展示しています。

熊谷守一の墨彩画としては、鳥やカタツムリなどの図柄が揃いました。
近代洋画家の油彩画の名品としては、熊谷守一、黒田清輝、坂本繁二郎、岡田三郎助、香月泰男、中川一政、ルオーなどを展覧しています。(会期中展示替えあり)。

1月28日(月)までの開催です。
皆様の御清鑑を心よりお待ちしております。

柳ケ瀬画廊ホームページ(展覧会案内)
http://www.yanagase-web.com/exhibition/index.html

omote.jpg


また、今年も「2019年も「熊谷守一カレンダー」が発売されました。
カレンダーは柳ケ瀬画廊店頭でも販売中です。
お求めの方はお気軽にお声がけください。

Dmnrh85VAAAxibl.jpg


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 09:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

omote.jpg

柳ケ瀬画廊は1月4日(金)まで冬期休廊としたのち、
1月5日(土)より恒例の「新春逸品展」を開催致します。

今年の逸品展では、近代洋画家の油彩画の名品と、熊谷守一の墨彩画を中心に展示いたします。
熊谷守一、黒田清輝、坂本繁二郎、岡田三郎助、香月泰男、中川一政、ルオーなどの油彩画を展覧いたします。
皆様の御清鑑を心よりお待ちしております。

本年も変わらぬご交誼の程、よろしくお願い申し上げます。
皆様のご来廊をお待ち申し上げております。


柳ケ瀬画廊 市川瑛子


posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする