2017年11月18日

熊谷守一評伝が発売されました

本日11月18日、熊谷守一先生の評伝が発売されました。
『仙人と呼ばれた男 画家・熊谷守一の生涯』という題名の御本です。

414qWLiyONL._SX344_BO1,204,203,200_.jpg

著者の田村祥蔵さんという方は、1971年に当時91歳の熊谷守一を取材された方です。
その内容は、日本経済新聞社「私の履歴書」欄に連載され、のちに『へたも絵のうち』という本になって現在も多くの熊谷ファンに読まれています。
今回の御本は、当時、伝えきれなかった部分なども含め、改めて田村さんが書き起こされた熊谷守一評伝のようです。

尚、表紙はメナード美術館さんがご所蔵の油彩画「地蜘蛛」です。
橙と緑、そして地蜘蛛・・・
この作品を表紙に選ばれたことも田村さんの魅力が感じられる、ひとつの要素のような気もいたしますね。

《書籍情報》
書籍名:『仙人と呼ばれた男 画家・熊谷守一の生涯』
出版社:中央公論新社
サイズ:19.2×13.2×2cm
詳 細:2017年11月18日発売、269ページ、1728円(2017年11月地点)
仙人と呼ばれた男 - 画家・熊谷守一の生涯 (単行本) -
仙人と呼ばれた男 - 画家・熊谷守一の生涯 (単行本) -

柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: