2017年12月02日

熊谷守一書籍が発売されました

本日12月2日、熊谷守一先生の新しい書籍が発売されました。
『もっと知りたいシリーズ : 熊谷守一』という御本です。
これまで、「もっと知りたいシリーズ」としては、ルノワール、モネ、レンブラント、酒井抱一、伊藤若冲など、国内外の巨匠が取り上げられてきて、今回は熊谷守一が特集されて出される新刊本となるようです。

mottosiritai.jpg

著者は、池田良平さんと蔵屋美香さんです。
池田良平さんは、天童市美術館館長をおつとめの学芸員の方です。
「宇宙に遊ぶ童心 熊谷守一展(1991年)」「没後20年 熊谷守一展(1997年)」「没後30年 熊谷守一展(2007年)」(2011年)など、熊谷守一に関する多くの展覧会を企画担当・監修されていらっしゃり、『熊谷守一油彩画全作品集』の共同監修なども行われている、熊谷守一研究の第一人者のおひとりです。

蔵屋美香さんは、東京国立近代美術館の企画課長の方です。
同館で今週から開かれる「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび展」(12月1日から翌年3月21日まで)の担当学芸員でもいらっしゃいます。12月16日には同館で、熊谷守一に関する講演会も予定されているそうです。
(講演会詳細アドレス http://kumagai2017.exhn.jp/event/

こちらの御本については、出版社の説明に”ひとりの画家や流派と向き合いたい方に : 生涯や変遷をたどりながら各年代を特徴づける名作を鑑賞”とあり、初心者の方にとっても、より深く熊谷守一を知り合いコアなファンにも楽しめる一冊だと伝わってきます。

東京国立近代美術館の熊谷守一展会場でも販売されているようです。
お出掛けの際には、図録とともにお手に取ってみてはいかがでしょうか(^^)

《書籍情報》
書籍名:『もっと知りたいシリーズ : 熊谷守一』
出版社:東京美術
サイズ:25.7×18.2×2cm
詳 細:2017年12月2日発売、80ページ、1944円(2017年11月地点)
もっと知りたい熊谷守一 -
もっと知りたい熊谷守一 -


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: