2018年02月16日

(告知)アートフェア東京出展のお知らせ

冬の常設展開催中です。
熊谷守一、中川一政、須田国太郎、三岸節子、脇田和など、近代洋画を中心に16点展示しております。
皆様の御清鑑を心よりお待ち申し上げます。

さて、柳ケ瀬画廊では来月に東京で開かれるアートフェアに出展を予定しております。
1.jpg
アートフェア東京 https://artfairtokyo.com
毎年5万人ほどが来場する、国内最大規模のアートフェアです。
3月9日(金)から3月11日(日)まで、柳ケ瀬画廊はN43ブースにて出展致します。

弊社ブースでは「熊谷守一秀作展」と題して、熊谷作品の特集展示を行います。
本年は、現在、東京国立近代美術館にて開催中の「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」展(〜3/21、愛媛県美術館に巡回予定)をはじめ、5月には映画「モリのいる場所」(主演・山ア努、監督・沖田修一)の公開も控えています。
つきましては、弊社ブースでは、猫や蝶々、うさぎなどの熊谷作品を代表するモチーフの油彩画を特集予定です。

また、本年は同時開催として「二村元子展」も開催します。
本年1月に岐阜で開催された「メディアコスモス新春美術館2018 色即是芸」にも出品した若手作家です。
大学で彫刻を学び、粘土や紙といった自然素材を用いて、立体作品を発表し続けてきた二村は、制作するという行為について、「生きるために、そして、私以外の全てにつながるために」と語っています。
内へ内へと深化するアプローチは、近年形のある制作の枠を超えて、食や農業への関わり、子どもや障がいのある方たちとのワークショップ等に広がりをみせてきました。
弊社ブースでは、平面作品と立体作品を合計5点展示予定です。

皆様のお出かけをお待ちしております。


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: