2018年11月15日

林武史先生の特装本

柳ケ瀬画廊では、秋の常設展を開催しています。

熊谷守一、香月泰男、岸田劉生、中川一政といった近代洋画家の作品とともに、
林武史先生の彫刻作品を展示させていただきました。

林先生は、岐阜市出身の彫刻家です。
美濃白川にアトリエを構え、東京・埼玉を拠点に活躍されています。

この秋、林先生の初めての作品集が発売されました。

林武史 凸凹な石
林武史 凸凹な石

『- 凸凹な石 - 林武史作品集』

石の彫刻家・林武史、代表作を中心にまとめた初作品集。
彫刻家・林武史(東京藝術大学教授)は、様々な石を素材に抽象彫刻を制作。
画廊や美術館だけでなく、野外での展示も行い、国内外の彫刻庭園、学生や子どもたち、地域住民とのインスタレーション、作品の上を鑑賞者が歩いたり、作品の上で茶会を開いたりする体験型作品の制作など、活動は多岐にわたる。
本書は、代表作を中心にまとめた初めての作品集。彫刻と自然、そしてそこに溶け込む鑑賞者の身体との不思議な関係があらわれる。

著/林武史
寄稿/
堀江敏幸「寝返りを打つ石たち―林武史の世界に寄せて」
ジェローム・ジュリアン=コルニック「キンタ・ボタニカの林武史の作品」
岡田 潔「大地・直立・揺らぎ―林武史の彫刻の本質―」

(求龍堂・書籍紹介文より引用)



林武史先生とは、弊社も2015年秋に個展を開催させていただきました。
岐阜市出身というご縁もあり、個展開催後も継続して作品を取扱っています。

この作品集も、弊社店頭で 3240円(税込)にて販売中です。
通常版のほか、別途、限定30部でつくられた特装版もございます。
特装版は通常版の作品集に、木箱にしまわれた林武史先生の作品1点が付属しています。

ご来廊の際はぜひお手に取ってご覧くださいませ。



柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: