2018年08月31日

手紙等展示「熊谷守一と木村定三」

熊谷守一先生の展示のご紹介です。

明日から、JR岐阜駅直結の「岐阜市の生涯学習拠点施設「ハートフルスクエアーG」にて、熊谷守一先生の小特集が組まれるそうです。

Dl5PYhpV4AAlgcE.jpg

名称:「熊谷守一と木村定三」

期間:9月1日(土)から9月13日(木)まで、9時〜21時

場所:ハートフルスクエアG 2階キュービックギャラリー

説明文:
岐阜出身の画家 熊谷守一。
彼の絵に深く感銘を受け、ファンから始まり、年齢を越えて親交を持った美術蒐集家の木村定三。
二人の交流を示す手紙等を展示します。

展示作品:
「木村定三氏から熊谷守一氏に宛てた手紙」(昭和14年、岐阜県歴史資料館蔵)など

施設ウェブサイト:
https://gikyobun.or.jp/heartful/hiroba/





尚、弊社・柳ケ瀬画廊でも、9月17日まで「お盆秀作鑑賞展」を開催しております。
書籍『無欲越え―熊谷守一評伝』の表紙でも知られる、熊谷先生の熊蜂の油彩画などを展示しています。
あわせてぜひお出かけくださいませ。
(火曜水曜休廊、10時-18時)

無欲越え―熊谷守一評伝 (「美」の人物伝)
無欲越え―熊谷守一評伝 (「美」の人物伝)


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

沖田監督トークショー in 岐阜

昨日、岐阜市の映画館CINEXさんにて、トークショーがひらかれました。
熊谷守一先生を取り上げた映画「モリのいる場所」の公開に合わせて、沖田修一監督を招待して行われたイベントです。

img005.jpg

DkXNngLV4AAvOq5.jpg


岐阜新聞さんのネットニュースでも、その様子が取り上げられていました。

” 守一像、山アさんと模索 「モリのいる場所」監督トーク ”
https://www.gifu-np.co.jp/news/20180812/20180812-65117.html


CINEXさんでの「モリのいる場所」公開は8月23日まで。

また、CINEXさんから徒歩すぐの弊社・柳ケ瀬画廊でも引き続き「お盆秀作鑑賞展」を開催しております。
展覧会は9月17日まで。皆様の御清鑑を心よりお待ちしております。



柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

お盆秀作鑑賞 初日

本日より、恒例の「お盆秀作鑑賞展」がはじまりました。

img007.jpg

今年は、下記作家の作品などを15点ほど展示させていただいております。

熊谷守一  前田青邨  岸田劉生
林武    中川一政  須田国太郎
彼末宏   三岸節子  野口弥太郎  他

eiga001.jpg


8月23日までは、熊谷守一先生をとりあげた映画「モリのいる場所」が、弊社より徒歩1分の映画館「シネックスさん」にて公開もされております。
8月11日には、監督の沖田修一さんもトークショーにいらっしゃるそうです。

皆様の御清鑑を心よりお待ちしております。


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

熊谷守一講座がひらかれます(要・事前申込)

昨日より、柳ケ瀬で熊谷守一先生の映画「モリのいる場所」の公開がはじまりました。
弊社でも、熊谷作品を展示しております。

熊谷守一講座.jpg

さて、岐阜市内においての、熊谷守一先生の講座の御案内がはいりました(*^^*)
岐阜駅隣接の「ハートフルスクエアーG」さんにて、全2回で開かれるそうです。

第1回は福井淳子氏(熊谷守一研究者)、第2回は石崎尚氏(愛知県美術館学芸員)が登壇されるそうです。
8月27日までの事前申込が必須とのことですので、気になられる方は応募されてはいかがでしょうか。

企画の詳細、応募方法は、下記の「ハートフルスクエアーG」さんのウェブサイトをご参照くださいませ。
https://gikyobun.or.jp/heartful/shogaigakushu/kouza/2018/07/post-71.html


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

熊谷守一先生の映画が公開されます

柳ケ瀬画廊では、夏季休廊を終え、通常営業を再開いたしました。
8月9日(木)からは恒例の「お盆秀作鑑賞展」を開催いたします。

eiga001.jpg

さて、熊谷守一先生を取り上げた映画「モリのいる場所」が、いよいよ岐阜市でも公開となりました。
弊社から徒歩1分の「シネックス(http://www.tochiko.co.jp)」さんにて、8月4日(土)から8月23日(木)までの限定公開の予定です。

3.jpg


上映期間中には、下記2本のイベントが開かれるそうです。

(1)
「第21回CINEX映画塾 上映&トークショー」
日時:8月11日(土・祝)13時30分〜
料金:1500円(税込)
定員:190名限定
内容:映画上映ののち、ゲストに本作監督の沖田修一氏をお招きされて、45分ほどのトークショーを行われるそうです。

(2)
「第3回岐阜新聞映画部アートサロン 上映&トークショー」
日時:8月20日(月)11時45分〜
定員:190名
内容:映画上映ののち、ゲストに岐阜県美術館館長の日比野克彦氏らをお招きされて、45分ほどのトークショーを行われるそうです。

img005.jpg

img006.jpg


尚、上映期間中は、弊社・柳ケ瀬画廊「お盆秀作鑑賞展」においても熊谷守一先生の作品を展示しております。
皆様の御清鑑を心よりお待ちしております。


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

夏季休廊

誠に勝手ながら、柳ケ瀬画廊では下記の期間を休廊とさせていただきます。

夏季休廊:2018年7月24日(火)から8月1日(水)


8月2日(木)より通常業務に移らせていただき、
8月9日(木)からは恒例の「お盆秀作鑑賞展」を開催予定でございます。

201808.jpg


恒例のお盆秀作鑑賞展では、国内外の巨匠大家を中心とした展示の予定です。
熊谷守一先生の蝶々の油彩画、林武先生の大輪の薔薇の油彩画、前田青邨先生の鵜飼の日本画などを展示いたします。

皆様の御清鑑を心よりお待ちしております。


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 18:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

【日程変更】熊谷先生の映画、岐阜市で上映

【記事の内容の訂正につきまして】

7月5日に下記のブログをアップさせていただき、
熊谷守一先生の映画「モリのいる場所」が8月11日公開予定とお伝えさせていただきました。

こちらが「8月4日(土)」からの公開に変更になったと連絡がございました。
前倒しの公開となりますことを修正してお知らせさせていただきます。


柳ケ瀬画廊 市川瑛子



-----------------------------------------------------

7月5日の記事

熊谷守一先生をとりあげた映画「モリのいる場所」が、
いよいよ岐阜市でも上映されることになったそうです。

eiga001.jpg

山ア努さんが熊谷守一役、樹木希林さんが熊谷秀子夫人役をつとめ、
「南極料理人」などで知られる沖田修一監督がつくられたことなどが、
テレビや雑誌などで特集されたため、ご覧になった方も多いかと思います(^^)

岐阜市では、8月11日から、シネックスさんで上映されるそうです。
シネックスさんは、柳ケ瀬画廊から徒歩1〜2分にある映画館です。

柳ケ瀬画廊でも、8月9日から9月17日まで「お盆秀作鑑賞展」を開催予定です。
熊谷守一先生の油彩画も何点か展示いたします。
ぜひ映画とあわせてお出かけください。


映画「モリのいる場所」公式ウェブサイトはこちら
http://mori-movie.com



柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

この度の大雨について

この度の大雨被害によって、
お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、
被害を受けられました地域の皆様にお見舞いを申しあげます。

尚、岐阜県内でもこの大雨で多くの被害が報道されておりますが、
柳ケ瀬画廊ではおかげさまで被害もなく、
引き続き展覧会を開催させていただいております。

今月は下記の展覧会を開催中です。

「常設展-熊谷守一の紙作品を中心に-」
(10時-18時、火曜水曜休廊、夏季休廊7/24-8/1)

皆様の御清鑑を心よりお待ちしております。


柳ケ瀬画廊 市川瑛子
posted by 市川 at 10:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

くずし字

画廊の仕事で新しい作品が入ると、最初の作業は
画家の名前と作品題名を正しく記帳することです。

簡単なことと思われますが、とても難しい時もあります。
理由は「くずし字」
古い漢字やひらがなのくずし字は お手上げです。

これまで、くずし字辞典で調べたり、専門家の方にご教授いただいたりしてきました。

しかし、なんとすばらしい検索ページを見つけました。
文字を画像として扱って検索くださるのですよね。
困ってる文字を取り込んでペーストで変換!

奈良文化研究所の方に感謝の気持ちでいっぱいです (*^^)v
http://mojizo.nabunken.go.jp

くずし字がサラサラと読み下す教養がある方には不要ではありますが。。。
そうでない私には、魔法のページです。

市川たけよ
posted by 市川 at 15:10| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

絵具の変色退色

作品をお持ちのお客様からのお尋ねに多いのが、
作品の変色・退色についてです。

大切な作品に変色・退色してしまったら、ショックですよね。
多くの作品を扱う中で 油彩画の変色は あまりないのですが
水墨淡彩画では 時々みられます。
黄色系・赤色系が変色・退色しやすいと感じていました。
専門家の方のお話もそのような内容でした。

一番の原因は、しみ抜きを 腕の良くない職人さんに依頼して
紙は綺麗になったけれど、色も一緒に落ちてしまったというケースです。
水洗いすると落ちるのは、黒ではなく 黄や赤なのはなぜか。。
(腕のいい職人さんにお願いすると、紙のやけや汚れだけを丁寧に落としてもらえるので
出来上がると、色が鮮明になって 鮮やかな作品になります)

それ以外にも 紫外線(日光など)も直接原因になりますが
黒色や青色の変色はないのに、黄色・赤色はなぜ変色しやすいのか。。
そういえば、昔の車では 赤色がボディーカラー車は 表面がぽろぽろにっていることが多かったような気がします。
色の大学で 分子結合が弱いから変色すると習った記憶がありますが 深く考えていませんでした。

有機化学美術館というページに 丁寧な記事がありました。
なるほどと 私でも 理解できました (*^^)v
標識の写真には 「そうそう!」と納得。

大切な作品を直射日光のもとに置くことはないですが、
画家の描いた当時のままの色が保たれるように、進化した絵具がどんどん開発されるといいですね。

市川たけよ
posted by 市川 at 15:49| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする